kiyoのレクチンフリー体験記 その17

  • 2019.09.25 Wednesday
  • 11:19

こんにちは!

2019年9月25日です。

 

こんな記事を書いておいてなんなのですが・・・

レクチンフリー食事法はタンパク質不足になります!

貧血気味の人などはやらないことを強くおすすめいたします!!

 

とりあえずレクチンフリーをやっている間もいろいろ収穫がありましたので

その中でいつも作っていたクッキーを載せてみようと思います。

 

小麦・卵・乳・砂糖を不使用で作ります。

ナッツにアレルギーがなければ食べられると思います。

 

 

 

レクチンフリー27:小麦・玉子・乳・砂糖不使用クッキーのイラスト

 

 

小麦、卵、乳、砂糖不使用クッキー

 

 

材料 1、アーモンド粉    カップ2

   2、タピオカ粉     カップ1/2

   3、ココナッツ粉    カップ1/2

   4、塩         大スプーン3/4ぐらい(好みの量で)

   5、ココナッツクリーム 160〜170mlぐらい(←粉の量により変化)

  (6、ギー(あったら)  大スプーン1〜2ぐらい)

 

作り方

   1、アーモンド粉、タピオカ粉、ココナッツ粉、塩をボウルに入れよく混ぜる。

   2、入れたいときは、電子レンジで溶かしたギーを1のボウルに入れよく混ぜる。

     ギーはバターからタンパク質を取ったものだそうです。

     乳タンパクを含まないので、乳アレルギーの人でも食べられるみたいです。

     味はバターに似ています。甘くない不二家のミルキー(飴)のような味です。

     入れるとバターっぽくなっておいしいです。

     乳アレルギーの方は気をつけてお使いください。

   3、ココナッツクリームをいれてよく混ぜる。

     生地が手につかず、ポロポロくずれないぐらいになるようにいれてください。

   4、丸めてつぶして、オーブンシートをしいた鉄板に並べる。

   5、180度に熱したオーブンで40分焼く。

   6、完成

 

 

使える方はギーをバターにしてもおいしいです。

ココナッツクリームはココナッツミルクでも豆乳でもジャージー牛乳でも可

 レクチンフリーでは、ジャージー牛の牛乳は飲んでもOKです。

 ホルスタイン種(白黒の牛さん?)は突然変異で乳糖が多くなったそうです。

 

 

 

丸めてつぶせるくらいの生地ができれば焼けます!!

 

なので、

砂糖をいれて甘くしたり、ジャムをいれたり、チョコレート砕いて入れたり(←甘いのばっかり!!)

やりたい放題です!!

 

 

レクチンフリー食に限らず、小麦を使っていないクッキーやクラッカーは手に入りにくいです。

混ぜて焼くだけなので、料理嫌いなわたくしでも数日ごとに作っております。

 

良く焼いているので、2〜3日は常温で持ちます。

 

ナッツアレルギーがなければどうぞ作ってみてください!!

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:健康

JUGEMテーマ:アトピー性皮膚炎

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM